ニュース・ブログ

2019.06.06

墓じまいについて

本当に久しぶりの更新です。

御無沙汰しており申し訳ございません。

元号も平成から令和へと変わり、お客様の新設される墓石の

建立年月日も、『令和元年』と刻字するようになりました。

令和もスタッフ一同頑張ってまいりたいとおもいます。

 

さて、ブログタイトルの『墓じまい』について、少しお話しさせていただきます。

NHKのテレビ番組でも墓じまいが取り上げられました。

核家族化や少子化も背景にあり、墓じまいをされる方が年々増加しております。

当社にも毎日のように墓じまいについてのお問い合わせをいただきます。

 

墓じまいをされるにあたって、一番に考えていただきたいことは

現在のお墓の中に納まっているご先祖のお骨の『行き先』です。

ただただ、墓石を撤去して終わりと考えられていらっしゃる方が多いのも事実です。

お骨はご遺体の一部です。

お骨を勝手に移動させたり、墓石を無届で壊すようなことはできません。

永代供養墓や寺院の納骨堂など、ご先祖様のお骨の行き先、受け入れ先をきちんとお決めください。

墓じまいとは、墓石を壊して更地にすることだけをいうのではなく

次の場所へ納めるまでが『墓じまい』と考えます。

 

墓じまいについてのご相談は、いつでもお受けいたしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

  • 一覧へ戻る